水滴

ワックス系より離型性能が高く洗浄不要なフッ素コート剤使用の離型剤

スマートフォン

金型を用意して、そこにゴムなどの素材を流し込み、固まったら成形物を取り出す。製品の成型過程は、このように非常にシンプルに見えますが、実はそこには様々な問題が起こりうる要因が絡んでおり、その要因の一つ一つをクリアして初めて綺麗な製品を作ることが出来ます。特に、金型から製品を分離して販売品として仕上げるプロセスは、離型剤のチョイス次第で、対応すべき事柄も変わってきます。
離型剤の最も重要な役割は、金型から成形物を剥がれやすくすることです。離型剤には、ワックス系、フッ素系などの種類がありますが、単純に剥がれやすくする性能だけを比較すれば、フッ素コート剤が主成分の離型剤が優れています。これは、フッ素コート剤には、物体に非粘着性を付与するというワックスにはない独特の特徴があるためです。
更に、成形物を金型から取り出した後の手順を考慮すると、ここでも、フッ素コート剤を使用した離型剤の優秀さが光ります。ワックス系は、成形物の形を壊さずに金型から分離出来たとしても、金型に付着する離型剤自体の量が多いという弱点があります。そのため、離型剤を成形物から洗浄して落とすという追加作業が欠かせません。この点、フッ素系離型剤は成形物に付着しないため、洗浄作業は不要です。
ワックス系よりもフッ素系離型剤を選ぶことで、余計な手間をかけずに綺麗な離型が可能になります。

UPDATE CONTENTS

NEW ARTICLE