水滴

フッ素コート剤と不燃性溶剤を使った離型剤が安全便利でおすすめ

虫眼鏡で覗いた半導体

金型を使って大量のプラスチックやシリコンの製品を成形する現場では、成形後の離型を綺麗に行うために離型剤を常備しておく必要があります。フッ素コート剤が主成分の離型剤だと、スプレータイプや、刷毛を使って現場で作業しているスタッフが自分で追加塗布可能という便利なタイプの製品があります。このような現場で使用可能な離型剤は、成形作業の効率化を図る上で重宝しますが、加えて、引火性についても十分に配慮された安全性の高い製品もあります。
離型剤には様々なタイプの溶剤が使用されていますが、その溶剤の性質次第で、離型剤が引火性液体の扱いになる場合があります。そして、一定の量を超えてしまうと、危険物の範疇に入り、法規制の対象となります。また、特に、生産ノルマを果たすために長時間続けて作業せざるを得ない状況になると、スタッフの集中力が落ちることもよくあります。
そんな現場で引火性液体を扱うのは好ましくはありません。フッ素コート剤を使用した離型剤の中には、不燃性溶剤仕様の製品があるため、離型材の塗布を毎回外注せずに、現場で自分たちの手で行う作業方針の場合は、安全性への配慮も含め、不燃性のフッ素系離型剤を選択する方がいいでしょう。

UPDATE CONTENTS

NEW ARTICLE